あそこの外陰部がかゆい場合の原因と対策法【外陰部偏】

MENU
ランキング画像

あそこの外陰部がかゆい場合の原因と対策法【外陰部偏】

あそこがかゆい

 

あそこのかゆみといっても、清潔にすることで改善されるものや、そうではなく、病気で治療が必要な場合とがあり、自分で判断することにも、場所が場所だけに、危険性をはらんでいると言っても過言ではありません。
あそこが痒くなる原因とあそこが痒いことで起きる弊害についてご紹介します。

 

外陰部がかゆい原因

あそこがかゆい
デリケートゾーンのかゆみについては、悩んでいる人も多いでしょう。
ですが、これは他人には相談しにくいものです。
特に外陰部のかゆみに悩んでいる人は多いようです。この外陰部のかゆみはどうしておこるのでしょうか。

 

かぶれや汗によるもの

外陰部のかゆみの原因として最も多いのが、汗による蒸れやおりもの、ナプキンなどによって起こるかぶれなどです。
この場合は病気などではありませんからそこまで深刻になる必要はありません。
外陰部は、下着やパンティストッキングなどで締め付けられる事が多く、蒸れやすいです。
また、吸収性に優れたナプキンを使う人が多くなったことでナプキンの交換を怠ることが多くなっているのも外陰部のかゆみの原因になります。
外見上は汚れていなくても雑菌が繁殖している事もあるので、ナプキンはこまめに取り換え、ウォシュレットの使用などで外陰部を清潔に保ちましょう。

 

敏感肌やアレルギー体質によるもの

敏感肌やアレルギー体質の人は、様々な部分にかゆみを感じる事も多いでしょう。
そのような人は外陰部にもかゆみが起こりやすいのです。
そのような人は、根本から体質を改善する努力が必要になります。
また、普段は特に何ともない人でも疲れた時やストレスを感じた時には抵抗力が落ちて、かぶれやかゆみを起こす場合もあります。
他にも糖尿病や妊娠、抗生物質を飲んだ時、更年期によってホルモンバランスが乱れた時なども外陰部にかゆみを感じる事があります。

 

感染によるもの

カンジタ菌は、ほとんどの女性が持っている常在菌ですが、体調不良やストレスなどによって増殖すると、かゆみを生じる事があります。
おりものがボロボロしている感じがする時は、膣カンジタの可能性もあるのです。
また、大腸菌やブドウ球菌の感染による感染性外陰炎、トリコモナス原虫の感染によるトリコモナス膣炎、パピローマウイルスによる尖圭コンジローマなども外陰部のかゆみを引き起こします。
これらの場合は婦人科に診てもらいましょう。

 

ただ、婦人科に行くのが不安、恥ずかしいという方もいると思います。
そんな場合は、自宅で簡単に検査が出来る性病検査キットを使用するのも良いでしょう。
ふじメディカルから販売されている9項目検査セットがおすすめです。

 

性病検査キット

 

これなら匿名での検査も可能ですよ。

 

>>ふじメディカル公式サイトはこちら

 

その他病気など

外陰部のかゆみの原因には、そのほかにも皮膚炎、外陰掻痒症、毛ジラミなどが考えられます。
また、掻き過ぎによって、更に悪化するケースも多く、バルトリン腺炎バルトリン腺のう腫に発展してしまうこともあります。
それらは痛みを伴うかゆみを引き起こす場合があるので、あそこから痛みを感じている方は、医療機関に行くことをおすすめします。

 

バルトリン腺炎やバルトリン腺のう腫には要注意!

バルトリン腺炎やバルトリン腺のう腫は、歩く事やセックスも困難になってしまう程、身体に影響を及ぼします。
そうならないように悪化をくいとめる事が大切です。
炎症の範囲により症状は異なりますが、範囲が広い場合には切開が必要になります。

 

外陰部から発症する代表的な病気は3つ

痒みより引き起こされる症状は、外陰部に痛みが伴うものできものができるものしこりができるものなど、特徴もさまざまあります。
ここでは代表的な3つの症状についてお話したいとおもいます。

性器ヘルペス

外陰部に痛みが伴うもの、できものができるものは、主に性器ヘルペスであることが多いです。
性器ヘルペスは、ヘルペスウィルスが原因で発症し、なんども再発する病気と言われています
性器ヘルペスは、人から人に感染するので、パートナーがいる場合は、相手にうつさない為に治療または、ケアをすることが大切です。
万が一パートナーが性器ヘルペスに感染してしまった場合でも、抗ヘルペスウイルス剤等の内服薬、外用薬を使えば一週間程度で治ります。

 

尖形コンジローム

外陰部にイボをつくる尖形コンジロームは、陽性の腫瘍ですが、発展すると子宮がんになってしまう可能性もありますので、軽視出来ません。

年配に多い外陰ガンという病気もあります。
外陰ガンは、特に太った方や、糖尿病の方になりやすいのが特徴です。
しこりも発見しやすく、早期発見であれば、転移することなく、比較的簡単に治療できるのが特徴です。

 

毛のう炎

清潔にしないでできるものとして、毛のう炎があります。
毛穴から、菌が侵入し、ニキビのようにできものができ、悪化すると膿みがたまります。
すべての症状において共通していえる予防対策としては、まず清潔にすることです。
また、下着の締め付けも鼠蹊部を圧迫し、身体にも不負担を与えますので、ゆったりしたものを選ぶことをおすすめします。
外陰部は、尿道や肛門が近いので、不潔になりがちであり、感染しやすい部分ですが、日々の適切なケアで、あらゆる外陰部の病気から身を護りましょう。

 

あそこが痒い人はまんこから臭いが発生している可能性も!?

また、あそこがかゆいと感じている方の多くは、まんこが臭い可能性もあります。
あそこの臭い対策には、臭い対策グッズがおすすめです。

 

臭い対策グッズを使用すれば、周囲に漏れ出してしまう臭いを消臭する事が可能になります。
また、臭い対策グッズは数多くあるため、自分にあった商品を見つけるのは難しいと感じる方もいると思います。
そこで人気臭い対策グッズランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

ランキング画像

 

また、管理人が臭い対策で実際に使用した商品はクリアネオです。

クリアネオはすそわきがの女性にも支持される程、消臭力がある商品になっています。

すそわきがとは、女性器のワキガです。特徴としてはまんこからワキガと同じ臭いがします。

クリアネオの消臭力は臭いを99.9%カットできるのが特徴になっています。
更に詳しく知りたい方は公式サイトがありますので、あそこの臭い対策の参考にしてみてください。

 

詳しくは下記から見てみて下さいね!

 

最後に

女性にとってあそこは大切な場所ですので、病気に発展してしまっている場合、どんどん悪化してしまうケースがあります。
あそこの痒みがあまりにも深刻な場合は、医師に相談してみることが大切です。