おりもの・生理の臭い(ニオイ)はなんで臭いの?

MENU
ランキング画像

おりもの・生理の臭い(におい)はなんで臭いの?

生理中や生理前後のデリケートゾーンの臭いが気になったり悩んでいる方は案外多いものです。
あのなんともいえないおりものの臭い、あそこの臭いが気になる女性は多いと思います。
おりものや生理の臭いは、なぜおこるのでしょうか。

 

おりものの臭いについて

正常なおりものの匂いは?

おりものは、子宮内膜や子宮頸管、膣壁からの分泌物や、子宮や膣から剥がれ落ちた古い細胞などが混じったものです。
通常、膣内はデーデルライン桿菌という乳酸桿菌によって健康に保たれていますが、このデーデルライン桿菌は強い酸性のため、下着におりものが付いて渇いた時に酸っぱいような臭いがする場合があります。
人によっては、その臭いまで気にしてしまう事もありますが、この臭いは正常なおりものの臭いなのです。
ですから気にする必要はありません。
また、生理前はいつもより臭いが強くなる場合が多いようです。

 

おりものが臭い原因は?
汗が原因の臭い

わきがはアポクリン汗腺という汗腺から出る汗が原因で臭いを発するものですが、このアポクリン汗腺は陰部にも多く存在します。
アポクリン汗腺から出る汗は、脂質やたんぱく質などを含んでおり、それが常在菌によって分解されたり、蒸れる事で雑菌が繁殖したりすると嫌な臭いが発生するのです。
この場合、おりもの自体が臭うのではなく、陰部の臭いをおりものの臭いだと思っているのです。
おりものは、雑菌の膣内への侵入や繁殖を抑える働きを持っているので、出てきたばかりのおりものが臭う事はほとんどありません。

 

ストレスや体調不良による臭い

ストレスを感じたり体調不良の状態になったりすると、女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
そうすると、膣内を健康に保つデーデルライン桿菌が減少し、膣内に雑菌が繁殖しやすくなって臭いを発する事があります。

 

洗い過ぎも臭いの原因に

おりものの臭いが気になると、どうしても清潔にしようとしてゴシゴシ洗いたくなります。
ですが、デリケートゾーンを洗い過ぎると、おりものの雑菌を抑える働きが弱まり、臭いが強くなってしまうのです。
デリケートゾーンを洗う時は、洗浄力の高すぎるボディソープなどは避け、洗い過ぎに注意しましょう。

 

生理の臭いの原因

経血は臭いの?

生理時の経血が臭いの原因だと思っている人が多いのではないでしょうか。
ですが、実はこの経血は体から出たばかりの時は無臭なのです。
経血は、子宮内膜や膣からの分泌物に血が混ざったもので、赤い色のために血がほとんどだと思われがちですが、血液の割合は1割程度に過ぎません。
この経血が時間の経過によって酸化したり雑菌が繁殖する事で臭うようになるのです。
つまり、生理中のデリケートゾーンの臭いを発生させるのは、雑菌だったのです。

 

なぜ生理中に雑菌が増える?

生理中は、ナプキンを使う人が多いでしょう。
ナプキンで覆われると、デリケートゾーンは蒸れやすくなります。
最近の吸収性の高いナプキンは、あまり汚れが目立たないので取り替えなくてもいいように思いますが、目に見えない雑菌はたくさん繁殖しているのです。
さらに、パンティストッキングなどを履いていると、締め付けられてデリケートゾーンが高温多湿状態になります。
そうなると、雑菌が繁殖しやすくなるのです。
また、生理中はホルモンバランスが乱れて陰部のアポクリン腺が活発に活動します。
アポクリン腺からは脂肪やタンパク質、アンモニアなどが含まれる汗を分泌するので、これが雑菌で分解されて臭いの原因となるのです。

 

病気が原因の場合もある

生理中の臭いがきつい原因として、病気にかかっている可能性も考えられます。
子宮筋腫や子宮内膜症にかかっていると、生理中の経血が増えるのです。
そうなると、通常よりも蒸れやすくなるので臭いがきつくなります。
臭い以外にも、下腹部の痛みなどを感じる時は、出来るだけ早く婦人科で診てもらいましょう。
病気が治ることで、生理中のデリケートゾーンの臭いが軽減する事もよくあるのです。

 

布ナプキンといいう選択

最近では、布ナプキンも女性の中で主流となってきつつあります。
大切な膣にじかに触れるところにビニール製のナプキンをあてることより肌や膣にやさしい布をあてることで、蒸れる環境も防ぐこともできますし、使っていて心地よいのが何より好評です。
また、不妊の人が布ナプキンに変えたことで、妊娠したという報告がとても多く、メリットが多いのも人気の秘密です。