実は意外と知らない!?おりものの臭いと妊娠の関係

MENU
ランキング画像

実は意外と知らない!?おりものの臭いと妊娠の関係

妊娠初期症状では、おりものの臭いと色の変化がみられることがあります。
個人差によってまったく変化が無い人などもいますが、身体の変化とともにおりものの臭いや色も変化することが多く見られます。

おりものの色の変化

色は、通常、無色であったり、半透明、白色、黄色っぽい色から、茶色や黄色、白色、いつもと違うと感じるような色に変化することがあります。

おりものの臭いの変化

臭いにおいては、通常少し酸っぱい臭いがしますが、無臭もしくは、臭いが軽減します。
本人の自覚範囲ですが、いつもと違うことがポイントとなります。

おりものの量の変化

また、いつもよりもさらさらとしたおりものが多い量ででるという兆候もみられることがあります。
無事に受精ができた卵子が子宮に着床することによって、分泌されるおりものの量が増えるという事が原因とされています。

 

おりものはそもそも、女性の身体に悪い菌を寄せ付けない、侵入したとしてもおりものとともに外に流してくれるという賢い役目を持っているんです。

 

おりものの役割

受精する大切な時期に、エストロゲン等の女性ホルモンが活発に分泌され、乳酸菌が増え、膣の中が酸性に保たれる事によって、悪い菌の侵入や繁殖を防いでくれるので、いつもよりも多い量のおりものによって大切な身体を悪い菌から守ってくれているのです。

 

しかし、喫煙やストレスなどによって大きく影響するのがおりものであり、膣内の酸性を弱めてしまったり、菌の侵入の抵抗力が弱まってしまうこともありますので、妊娠の兆候があれば、膣内の環境を整える事に専念することが必要となります。

 

健康なおりものがどういう状態かということを自分で把握しておき、少し違うな、今日はストレスのせいでこういうおりものなんだということなど、自覚できることも大切です。

 

おりものの量がいつもと違う、臭いがいつもと違うなと変化に気づいて妊娠に気づくケースも少なくありませんのでよく観察しておきましょう。
そして、いつもと違うなと感じたら早めの病院への受診をしましょう。