やっぱり運動が大切!おりものの臭いと運動

MENU
ランキング画像

やっぱり運動が大切!おりものの臭いと運動

おりものは誰にでもでる身体の自然現象のひとつです。
しかし、人には言えない女性特有の悩みの要素でもあります。
おりものの状態によって自分の身体のバロメーターになることもあり、注意深く見ておく必要があります。
しかし、気にし過ぎても、たいした事ではない場合も多いので、常に自分の状態を知っておくとよいでしょう。

 

おりものってどんな存在?

おりものは、体内の毒をを体外に排出してくれたり、自浄作用を促して膣内を清潔に保ってくれることをしてくれるかしこい粘液です。
またセックスには欠く事ができない性液でもあり、大切なものです。
ときどき臭いが酸っぱくなったり、年代的に言えば、30代から代謝が衰える事によっておりものの臭いは強くなる傾向になります。
20代ではきにしていなかったおりものの量が増えて、パンティーライナーを使い出す30代の女性も少なくありません。

 

また、30代になって、高齢出産にならない為にも、早めに妊娠のことを意識する女性は多いでしょう。
子宮が赤ちゃんを求めており、いつでも妊娠できるように準備を整えている状態。
いつでも準備オッケーな子宮の状態がこの30代に見られますが、30代に入って、10代20代と比べて運動量も減って運動不足になることによって更に代謝が悪くなり、老廃物も体内に留まることによってひき起こります。

 

毎日仕事でパソコンを長時間して同じ体勢をしていたり、身体が固まってしまって血が巡らなくなる事も、老廃物を溜める原因となり、おりものの臭いも老廃物の量と比例して強くなってしまう事もあります。

 

おりものとストレス

おりものは、個人によってその量や粘度、色などに違いがありますが、通常は透明から白い色をしており、渇くと黄色や褐色になる人もいます。
量はかなり少ない人から下着からしみ出してしまうほど多い人まで様々です。
ですから、異常かどうかを判断するのが難しくもあるのですが、明らかに普段と違っておかしいという時もあります。
それは、病気が原因の場合もありますから婦人科での診察をした方がいいのですが、特に病気が見つからない場合はストレスが原因となっている事が多いのです。
特に、おりものの量が増えた時はストレスが原因の場合が多く、ホルモンバランスが乱れている事の表れでもあります。
こんな時は、運動でストレスを発散しましょう。

 

有酸素運動がおすすめ

ストレス解消におすすめなのが有酸素運動です。
有酸素運動はセロトニンやエンドルフィンといった神経伝達物質を増やし、免疫力低下の原因となる化学物質を抑制するのでストレス解消に効果的なのです。
その中でもおすすめなのがジョギングです。
ゆっくりしたペースでいいので、ジョギングをしてみてください。
ジョギングは一定のリズムで動きますが、こういった運動はセロトニン神経を鍛えますし、太陽の光を浴びる事で脳をリフレッシュする事も出来るのです。
また、ストレッチをして血行を良くする事もストレスを解消しておりものを正常にするのに効果的です。
意外なところではバッティングセンターに行くのもいいですね。
バッティングという非日常体験は脳に刺激を与えますし、集中力も高まるので、ストレスを解消しておりものを正常にしてくれます。

 

激しい運動は避けよう

運動はストレス解消に適していますが、大量に汗をかくような激しい運動は、汗から雑菌がデリケートゾーンに入ったり、膣内を傷付けたりしておりものに血が混ざる原因にもなります。
おりものに異常が見られる時は激しい運動は控えた方がいいでしょう。