意外と知らない!おりものの量や臭いとSEXの関係

MENU
ランキング画像

意外と知らない!おりものの臭いとSEXの関係

おりものとSEX

 

SEXをした後におりものの状態に何らかの異常があったら、性感染症にかかったかもしれない、と思って焦りますよね。
ですが、SEX時におりものの状態に変化があっても心配する必要がない時もあります。
おりものとSEXの関係についてご説明します。

 

通常時のおりものの臭いと量

おりものは学術的に言うと、帯下と言います。
おりものは、子宮頚部や膣からの分泌物、子宮や膣から剥がれ落ちた古い細胞などが集まった粘液、バルトリン腺や皮脂腺、汗腺などからの分泌液などが混ざり合ったものです。
膣の内部に雑菌などが入らないように守ってくれる働きがあります。

 

おりものには個人差がありますが、通常は透明から白っぽい色をしていて、下着などに付着して乾くとクリーム色になります。

 

膣の内部は酸性なので微かに酸っぱいような匂いがするのが普通ですが、生理前に匂いがきつくなる人もおられます。
おりものの量も個人差が激しく、人によっては下着からしみ出してくるほどの量を分泌する場合もあります。
また、ストレスや疲労などの影響によって量が変化する事もあります。

 

排卵期におりものがネバネバしたり、少し血が混じったりすることもありますが、これは誰にでも起こる事なので心配する必要はありません。

 

SEX時におりものの量が増える?

SEXの時におりものの量が増える事がありますが、実はこれは普通の事です。
性行為の刺激によって興奮が高まると、性交時の性器の摩擦を減らすためにバルトリン腺と膣分泌液が分泌されるので、その分おりものが増えるのです。
特に排卵期にSEXをした場合は、妊娠を助けるためにおりものの量は増えますから、それを心配する必要はありません。
SEX時におりものの量が増えるのは、性行為を潤滑に行うために体が自然に行っている事なのです。

 

SEX時のおりものに血が混じっていたら

SEXの後におりものに血が混ざっている場合があります。
出血があると、特に気になりますね。
SEX持の出血には色々な原因が考えられます。
まず、SEXの刺激によって膣や子宮の周囲に傷が付いた場合です。
前戯が足らずに女性側の体の準備が出来ていないうちに挿入した場合などによくあります。
また、閉経が近くなってくると女性ホルモンが減少するため、膣内の皮膚が薄くなるため傷が付きやすくなり、出血したり、性交痛を感じる事もあります。
このようなものであれば、優しく性行為をするようにすれば気にする事はないのですが、病気によって出血する事もあります。

 

病気による出血

中でも怖いのが子宮頸がんです。子宮頸がんは、子宮の膣に面した部分に発生するがんで、SEX時におりものに血が混ざる場合があります。
子宮頸がんが進行すると、SEXと関係なく出血するようになります。
子宮頸がんは、かなり進行しないと痛みなどの自覚症状が現れないため、性交時の出血は早期発見の重要なサインになるのです。
また、子宮頚部の入り口にいぼ状のできものが出来る子宮頸管ポリープがある場合もSEX時に出血が起きます。
子宮頸管ポリープは良性の腫瘍ですが、稀に子宮頸がんがポリープ上になっている事もあるので、検査をお勧めします。
膣や子宮頚部に炎症やただれがある場合も、SEX時の出血を引き起こします。
膣は肛門に近い場所にあり、下痢や便秘に悩んでいる人は陰部に大腸菌などの雑菌が多く存在し、炎症を起こしやすくなり、出血しやすくなります。
SEX時に出血に気付いたら、婦人科を受診した方がいいでしょう。

 

SEX時のおりものの臭いは?

性行為の後、おりものが臭くなる事があります。
その匂いがイカ臭いものであった場合は、男性の精液が混ざった事が考えられます。
コンドームを付けずに性行為をした場合、おりものがイカ臭くなるのはよくある事なのです。
特に、膣内で射精をすると翌日からおりものがイカ臭くなります。
これは、膣内に残っている精子の匂いがおりものに混ざっているためで、数日経つとその匂いは消えていきます。
また、性病になってしまった場合もオリモノの臭いが変化します。
ツンとするような匂いやチーズ臭い匂い、生臭いような匂いがしたら性病の可能性がありますから、産婦人科で診察しもらうことをお勧めします。

 

婦人科に行く勇気が無い方は、性病検査キットを使用して、陰性か陽性かを判断してからクリニックで治療を受けるのも良いでしょう。
おすすめはふじメディカルから販売されている9項目検査セットです。

 

性病検査キット

 

匿名検査も出来るので、不安な方は試してみて下さいね。

 

>>ふじメディカル公式サイトはこちら