インナーブランの悪い口コミまとめ!効果なし?本当に臭いが消えるか使ってみた

MENU

インナーブランの悪い口コミまとめ!効果なし?本当に臭いが消えるか使ってみた

インナーブラン

このページでは、当サイトでもおすすめしているインナーブランを実際に使ってみた感想と、インナーブランを使っている方の口コミ・評判をまとめてみました!

悪い口コミも良い口コミを両方まとめたので、ぜひ参考にしてみて下さい。
また、どんな成分が入っているかや、クリアネオとも比較しています。

インナーブランとは?

インナーブラン

 

インナーブランは、デリケートゾーンの臭いが気になる時にシュッとひと吹きするだけで消臭ケアができるアイテムです。
スプレータイプで持ち運びにも便利なので、気になった時にいつでもすぐに使う事が出来ます。
消臭成分のIPMPや1000年以上昔からインドネシアに伝わる民間伝承の植物成分、ジャムウ成分を6種類も使い、高い効果を長時間持続させてくれます。
また、デリケートな部分に使用するものですから、紫外線吸収剤や酸化防止剤、サルフェート、鉱物油、シリコン、合成着色料、パラベンといった添加物を使用していないので安心です。

 

スプレータイプのメリット・デメリット

インナーブラン

 

クリームタイプが多いあそこの匂いケアアイテムの中で、インナーブランは液体のスプレータイプとなっています。

メリットは?

スプレータイプの消臭ケアは、なんといっても使いやすいのがメリットです。
さっとスプレーするだけなので、ケアに時間がかかりません。
手を使う必要もないので、衛生面も嬉しいポイントです。
インナーブランは持ち運びにも便利な大きさなので、外出時でも気になった時にお手洗いですぐに使用できます。

 

デメリットは?

スプレータイプの消臭ケアはお風呂で洗い流すタイプに比べて持続時間が短いというデメリットがあります。
ただ、インナーブランは24時間消臭効果が持続することが検査機関によって実証されていますので、基本的には安心して大丈夫です。

 

後は、一回に使用する量の調整が出来ない点がデメリットと言えないこともないでしょう。
ただ、使ってみた感想としては、1回でけっこう沢山出ますから、何回もプッシュする必要はないです。

 

また、スプレーが出る方向を間違えてしまい、スプレーする位置を間違えて手にスプレーしてしまう事がありました(笑)
慣れれば問題ないですよ。

インナーブランの悪い・良い口コミまとめ!

ここからは、インナーブランを実際に使った方の口コミをまとめてみました。
まずは悪い口コミから。

 

インナーブランの悪い口コミ!

生理中の臭いが気になったのでインナーブランを使ってみました。確かに使用した後は臭いが気にならなくなるのですが、広告に載っているほどの持続力は感じられませんでした。
24時間も効果が持続するなんてことはありません。
結構こまめに使用しないと、少し時間が経つとすぐに臭ってきます。
私の臭いがきついのかもしれませんが。

インナーブランの効果には満足しているんですが、少し値段が高いと思います。
暑い時期などは一日ひと吹きでは到底足りませんが、値段を考えるとあまり気軽に使う気にもなれません。
もう少し手軽な値段になればいいのにな、と思います。

自分のデリケートゾーンの臭いが気になり、インターネットで検索してインナーブランを見つけました。
効果はそれなりに感じられたのですが、肌の弱い私は使っているとかゆみが出てしまって継続する事が出来ませんでした。
彼氏とのHの時だけ使うようにしていますが、安くない買い物だっただけに残念です。

スプレータイプのインナーブランは使いやすいのですが、一度に出る量が多過ぎるような気がします。
デリケートゾーンにかけると滴ってしまうほどで、初めて使った時は下着を濡らしてしまいました。
効果には特に不満はないので、もう少し細かい量を出せるようにして欲しいです。

 

インナーブランの良い口コミ!

インナーブランを使い始めてから、気になっていたデリケートゾーンの臭いがなくなり、自分に自信を持てるようになりました。
それまでは恋人が出来てもあまり長続きしなかったのですが、インナーブランを使い始めてから付き合い始めた彼氏とはずっと仲良くしています。
1日1回でばっちり消臭効果があるので、すごく便利です。

自分の股間からおかしな臭いがしているな、と一度思い始めるとずっと気になって、恥ずかしく思うようになりました。
ダメもとでインナーブランを買ってみたのですが、思いもしないほどの効果があり、おかげでまったく臭いが気にならなくなりました。

最近彼氏が冷たいような気がして悩んでいたのですが、もしかして…と思ってインナーブランを使ってみると、彼氏がとても優しくなってくれて驚きました。
彼氏に問題があるのかと思っていたのですが、原因は私だったです…。
自分でも臭いが気にならなくなったので、インナーブランを使ってみて良かったです。

インナーブランを使うまでは、他人から変な顔をされたり、男性との関係が長続きしなかったりとあまり良い事がなかったのですが、
使い始めてからその原因が自分のデリケートソーンのケア不足だという事が分かりました。
あそこだけでなく脇にも使っています。消臭効果がすごいです。
周りの人の態度が変わったのが本当に嬉しかったです。

友達から「なんか変な臭いがするよ」といわれて恥ずかしくなり、臭いのケアをしようと思ってインナーブランを試してみました。
すると、自分でもはっきりと違いが分かるほどにすっきりとして、自分に自信が持てました。
友達からも「臭いがなくなったね」と言われたので、インナーブランの事を教えてあげました。
インナーブランは無添加で臭いの素を抑えてくれるので気に入っています。

使い始めてからデリケートゾーンのムッとする臭いがなくなりました。
「すそわきがかもしれない…」と思って悩んでいた頃が嘘のようです。
持ち運びしやすい大きさなので、気になった時にすぐ使えるのもいいですね。

普段はあまり気にならないのですが、生理前や生理中はあそこの臭いが気になって家から出たくなくなるほどでしたが、インナーブランを使うようになってからは気にせずに出かけられるようになりました。
暑い日でも持ち歩きに便利で、お手洗いでシュッとひと吹きするだけなので安心です。
今まであまり汗をかかないようにしたり、ウォシュレットを頻繁にしたりしても全然意味が無かったので、本当に良かったです。

 

以上、インナーブランの良い口コミと悪い口コミをご紹介しました。
口コミをまとめると、このような結果になりました。

 

口コミから見るインナーブランのデメリットは?

  • 値段が高い
  • 人によっては痒みが出る場合がある
  • 持続力の感じ方に個人差がある

口コミから見るインナーブランのメリットは?

  • デリケートゾーンの臭いを抑える事が出来る
  • スプレータイプで使いやすい
  • 携帯に便利で気になった時にすぐ使える
  • 生理中も安心
  • 自分に自信が持てる

インナーブランを使ってみた体験談!効果ある?

私自身も以前からデリケートゾーンの臭いが気になっていて、特に夏場のエレベーターの中などでは他人に気付かれるのではないかとビクビクしていました。
そこで、色々なデリケートゾーン消臭グッズを試すようになり、インナーブランも試してみることにしました。

 

インナーブランを選んだのは、無添加なので安心なのと、スプレータイプで気軽に使えそうだった事。
今まではクリームタイプを使っていたのですが、やっぱり後で洗うとはいえ、陰部に指をつけるのが嫌な時もありますよね…。

 

インナーブランが届きました

インナーブラン

 

私が普段使っているクリアネオも黒い箱でサイズも同じくらいなので、一瞬間違えたかと思いました(笑)

 

箱には使用方法と注意事項の記載があります。

 

インナーブラン

 

使用方法

気になる部分に10〜15p程度離して少量ずつスプレーしてください。
塗布部が乾いてから着衣してください。
1回の使用目安は3〜4プッシュです。

 

注意事項

下記、一部抜き出しました。

  • 傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。
  • 目に入らないようにご注意ください。
  • 直射日光の当たる場所や高温多湿、極端に低温の場所には保管しないでください。
  • モヤ上のものがわずかに沈殿することがありますが、原料由来のものですので品質には問題ありません。

 

インナーブランを使ってみた

インナーブラン

 

箱を開けるとこんな感じで、デザインはシンプルで可愛いです♪
ポーチに入れていても問題ないですし、万が一見られても良いデザインですね。

 

まずは匂いなどを確かめたくて、手のひらに試してみました。
写真だとわかりにくいですが、シュッと一吹きで、思った以上に量が出ます。

 

インナーブラン

 

使用方法には3〜4プッシュと書いてあったけど、正直1プッシュで十分なくらい出ました。
匂いは、消臭スプレー感がある匂いです。でも、乾くと無臭になりました。

 

しばらくしたら乾きますが、乾くとしっとりサラサラになります。
べたつきは無いです。

 

インナーブラン

 

これなら陰部や脇にも問題無く使えそうです。

 

インナーブランを使って感じた効果

次の日、朝出掛ける前にシュッとひと吹きしました。
やはり1プッシュで十分な気がしましたが、2プッシュにしておきました。
乾くまでしばらく待つのが面倒で若干ティッシュで拭いてしまいました(笑)

 

ですが、本当にその日一日臭いが気にならず、人目を気にする事もありませんでした。
さすがの効果です!

 

夏場は汗をかいてしまうので1日2回くらいは必要かもしれませんが、冬場は1回でも問題ありませんでした。

 

しかも、1プッシュで十分なので、かなり長持ちしそうな気配です。
手も汚れないし、かなりおすすめできます♪

 

>インナーブランの公式サイトはこちらをクリック!

インナーブランの成分検証・効能

インナーブラン

消臭ケアアイテムは、含まれている成分によって効果や持続時間が決まってきます。

インナーブランに使用されている成分について見ていきましょう。

 

インナーブランに含まれる成分の効能

IPMP

まず、IPMP(イソプロピルメチルフェノール)は消臭殺菌作用のある成分です。
ボディーソープなどにも使用されている成分で、平成28年に日本化粧品工業連合会が米国食品医薬品局の措置に準じて厚生労働省に販売停止措置を要請した抗菌剤のトリクサロンに代わるものとして注目されています。
刺激が少なく、イソ吉草酸やアンモニア、酢酸などの悪臭成分に対する99〜89%の消臭率を誇り、その効果が24時間持続することが検査機関で実証されています。

ジャムウ

さらに、インナーブランにはインドネシアの民間伝承の植物成分であるジャムウ成分も豊富に使用されています。
「客をもてなす植物から作られた薬」と言われるジャムウは、アーユルヴェーダ医学の中のハーブの調合などを基に改良されたもので、数百種類もの調合体系があり、その中の6種類がインナーブランに使用されていて、消臭・抗菌効果を発揮しています。

ガスール

北アフリカやモロッコで産出されるガスールは洗浄力と保湿力があります。

ベントナイト

ベントナイトには吸着性や吸水性があって化粧品や石鹸などに使用されています。

マリンシルト

沖縄の海底に数百万年にわたって堆積した海シルトが地盤の隆起によって地表に現れてきた物質であるマリンシルトは、非常に微細な粒子で吸着力が高く、脂肪物質やたんぱく質などの臭いの素となる成分を除去するのに役立ちます。

モンモリロナイト

アルミニウムの含水珪酸塩を主成分とする粘土鉱物のモンモリロナイトは保水性が高く、デリケートゾーンのコンディションを保つのに役立ちます。

その他美容成分

ブドウ種子油やザクロ種子油、アサイー種子油には美白・美肌効果があり、とっくりいちご・白いちごには肌の老化を防ぐ効果があります。
キュアパッションにも皮膚の老化を防ぐ効果が期待されています。

 

インナーブランは本当に無添加?

インナーブランは、酸化防止剤や合成着色料などの7つの添加物は入っていません。
ですが、成分表を見るとエタノールや1,3-プチレングリコール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブチルエーテルといった成分は含まれている事が分かります。
それらは本当に安全なんでしょうか。

エタノール

エタノールは多くの化粧水や化粧品に使用されていますが、それらの商品の保存性を高めると共に、肌への浸透感を高める効果があります。
エタノールが入っていない化粧品などは冷蔵庫で保存しなくてはいけない場合も多いので、インナーブランのように気軽に持ち運ぶ事は出来ませんよね。
人によっては肌を乾燥させてしまう場合もありますが、安全性はしっかり確認されている成分です。

1,3-プチレングリコール

保湿性のある1,3-プチレングリコールも皮膚刺激性や毒性はほとんどなく、長い使用実績はありますが副作用などの報告もありません。
ただ、目に入ると刺すような強い痛みを感じる場合がありますから、目には入れないように注意してください。

ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブチルエーテル

ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブチルエーテルにも肌の保湿効果や肌を保護する効果があり、また、安全性の高い乳化剤として古くから使用されています。
こちらも長い使用実績がありますが、有害な副作用なども報告されておらず、安全な物質だと判断してもいいでしょう。

インナーブランの効果的な使い方

インナーブラン

 

インナーブランは、24時間効果が持続することが検査機関でも実証されている消臭ケアアイテムです。
ですから、朝出掛ける前にデリケートゾーンにひと吹きしておくのが最も効果的な使い方です。
ただ、暑い日や湿気の多い日は下着の中で臭いがこもりやすくなりますし、実際には臭っていなくても気になってしまう時はありますから、カバンの中に入れて持ち運び、気になった時に使用するといいでしょう。
インナーブランは持ち運びやすい形状ですし、スプレータイプですから外出時でもお手洗いで簡単に使用できます。

インナーブランの最安値は?料金を比較!

インナーブランを買うなら出来るだけ安い方がいいですよね。
Amazonnや楽天市場では便利に安く商品を購入出来る場合もあるので、インナーブランも購入できないか調べてみましたが、残念ながらインナーブランの取り扱いはないようです。

 

公式サイトでは毎月一回の自動お届けコースだと通常価格9,800円のものが半額の4,900円になります。
1回で休止することも可能ですから、実質1本4,900円と考えてもいいでしょう。

 

>インナーブランの公式サイトはこちらをクリック!

 

インナーブラン

インナーブランとクリアネオを比較!

インナーブランと同様の臭いケアアイテムとして、クリアネオがあります。
当サイトでも、一番おすすめとしてクリアネオを紹介しています。
こちらも人気の高い商品ですが、インナーブランと比べるとどういった違いがあるんでしょうか。

 

成分を比較!

商品名 クリアネオ インナーブラン
商品 クリアネオの画像 インナーブランの画像
殺菌成分

o-シメン-5-オール
オウゴン根エキス
クマザサ葉エキス
チャ葉エキス
シャクヤク根エキス
ユーカリ葉油

茶エキス(ジャムウ)
カンゾウ抽出末(ジャムウ)

消臭成分 柿タンニン IPMP
保湿成分

ヒアルロン酸
アルゲエキス
アロエベラ葉エキス
シャクヤク根エキス

茶エキス(ジャムウ)
シラカバエキス(ジャムウ)
イチョウエキス(ジャムウ)


サイト >>公式サイト >>公式サイト

 

まずは成分から比較してみましょう。
クリアネオの成分は、抗菌・殺菌・抗酸化性が期待できるo-シメン-5-オールという成分にオウゴン根エキス、クマザサ葉エキス、チャ葉エキス、シャクヤク根エキス、ユーカリ葉油といった臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑える成分が入っています。
また、消臭成分として注目を集めている柿タンニンに加えて、ヒアルロン酸などの保湿成分も4種類含まれています。こちらも無添加にこだわっていますから、安全性には問題ありません。
クリアネオの方が耳に馴染みのある成分を多く使っている印象ですね。

 

価格を比較!

次に、価格を比較してみましょう。

商品名 クリアネオ インナーブラン
商品 クリアネオの画像 インナーブランの画像
通常価格 5,980円+送料660円+代引420円 10,584円
定期価格 4,980円 5,292円
定期コースの縛り 最低2回 なし
保証 永久保証制度 90日間返金保証
サイト >>公式サイト >>公式サイト

※税込み表記

 

インナーブランは30mlで通常価格は9,800円ですが、自動お届けコースが1回での休止も可能なのでそちらの4,900円とみなします。
クリアネオは単品だと5,980円で送料660円と代引料金420円もかかりますから、合計で7,060円になります。
2本まとめて購入すると9,800円プラス送料・代引料なので1本あたり5,440円です。
ただ、定期コースになると送料無料で4,980円、毎月2本のコースなら8,180円となります。
友達などと一緒に購入するならクリアネオの方が安くなりますが、なかなかそんな話を持ち掛けるのも難しいかもしれませんね。

 

効果を比較!

一番気になるのは効果があるかどうかです。
それぞれの口コミを見てみたところ、どちらも効果に満足するものが多くなっています。
私自身両方とも使ってみましたが、どちらも効果は問題ないです。
クリアネオの方が丁寧に塗れる分、長持ちする気はしています。
ただ、スプレータイプのインナーブランに比べると、手で塗るクリームタイプのクリアネオは面倒だという声も散見されますね。

最後に

インナーブランの口コミ評判や、体験談などをご紹介しました!
私自身使ってみた感想として、消臭効果がしっかりある良い商品だと思います。
デリケートゾーンの臭いに悩んでいる方は、ぜひ試してみて下さい。
定期コースはお得だし、回数の縛りもないうえに、返金保証があるので、まずは試してみることをおすすめします!

 

インナーブラン